爪に白い斑点が出来たら病気なの?白い斑点ができる原因と対処法!

更新日:

爪に白い斑点が出来たら病気なの?白い斑点ができる原因と対処法!

自分の爪をよく見たときに白い斑点ができていることはありませんか?

もしかして病気なのかなと心配することもあるでしょう。

そうは言っても、別にだんだん大きくなるわけじゃないし、痛みやかゆみがあるけでもない。病院へ行くほどのことではないと思う方が大半だと思います。

では、実際のところどうなのでしょうか?

今回は、爪に白い斑点ができる原因と対処法についてご紹介します。

 

爪に出来る白い斑点の正体とは?

爪に白い斑点が出来たら病気なの?白い斑点ができる原因と対処法!

まず、白い斑点が見られた場合、もっとも考えられる原因は点状爪甲白斑(てんじょうそうこうはくはん)です。

「白斑」と聞くと、某化粧品会社で起きた皮膚にできる白斑を想像してしまって、一生治らないのでは?と心配するかもしれません。

しかし、爪にできる白斑はあまり心配する必要はありません。

スポンサーリンク

点状爪甲白斑は、根元の甘皮に近いところで、爪の一部の成長が一時的に異常をきたしたことで起こります。

異常といっても、きちんと爪になりきれなかったような程度なので、心配は要りません。

難しい言葉では、「不全角化」と言います。

この不全角化以外にも起こる原因はあります。

それは、爪が成長する途中で皮膚との間に空気が入ってしまうことです。

この空気の層が丸く白い斑点のように見えることがあります。

いずれの場合も、成長とともに白い斑点もどんどん先のほうへ移動し、最後にはなくなってしまいます。

なくなるまでは気になるとは思いますが、特に治療の必要な病気ではないので放っておいて構いません。

 

爪に出来た物が白い斑点ではなかったら?

爪に白い斑点が出来たら病気なの?白い斑点ができる原因と対処法!

もし、白い斑点ではなく白い線だったとすると、それは全く違う意味になるので注意が必要です。

この場合、線状爪甲白斑といって同じ白斑でも治療が必要になることがあるのです。

鉛やヒ素などの有害な中毒や、何らかの感染症が原因になることもあります。

スポンサーリンク

また、手術や謝ったネイルケアでそのような症状になることもあるのです。

ですから、点ではなく線として白斑が現れた場合には、遠慮せずに病院へ行くことが望ましいでしょう。

 

爪に出来た白い斑点は幸せの象徴だった!?

爪に白い斑点が出来たら病気なの?白い斑点ができる原因と対処法!

白い斑点の危険性についてもお話ししましたが、ほとんどの白い斑点は心配要りません。

むしろ、昔から爪に白い斑点ができるのは「幸運の星」とも呼ばれるくらい良いこととされているのです。

できる場所によっても、金運なのか恋愛運なのか分かれているようで、占いの世界ではわりと常識なのだそうです。

そうは言っても、もちろんそれは単なる占いであって、信じるか信じないかは自由です。

それに、白い斑点ができたからといって、必ず幸運が訪れるともかぎりません。

ただ、病気ではないかと過度に心配するよりは「幸運の星」だと思っていたほうが、ストレスもたまらず良いかもしれませんね。

 

爪に出来た白い斑点は放っておいてOK!

爪に白い斑点が出来たら病気なの?白い斑点ができる原因と対処法!

いかがでしたか?

爪にできる白い斑点について意外なことがお分かりいただけたかと思います。

このように、ほとんどの場合は特に治療も必要がないので、気長に消えるのを待ちましょう。

もしどうしても気になるのであれば、マニキュアなどで隠してもよいかもしれません。

ただ、マニキュアは落とすときに負担がかかりますので、爪が弱っているときにはあまりやらないほうがよいでしょう。

引き続き、「爪の病気」をご紹介していきます↓



他にこんな記事も読まれています

-爪のトラブル

Copyright© 爪の病気はこんなにあった?爪の病気を改善する方法 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.