巻き爪の正しい切り方ってあるの?巻き爪の痛みを和らげる方法とは?

更新日:

巻き爪の正しい切り方ってあるの?巻き爪の痛みを和らげる方法とは?

みなさんは、今までに巻き爪になってしまったことはありませんか?

特に足の爪の場合、歩くたびに痛みがあって辛いですよね。

早く治したいと思っても、どうしてよいかわからない方も多いと思います。

そこで今回は、巻き爪の正しい切り方と痛みを和らげる方法についてご紹介していきます。

 

巻き爪ってどんな状態の爪なの?

巻き爪の正しい切り方ってあるの?巻き爪の痛みを和らげる方法とは?

そもそも巻き爪とは、主に足の爪の両端が強く内側の方へ曲がってしまった状態のことを言います。

足の中でも一番なりやすいのは親指で、それは歩くときに最も負担がかかりやすいからであると言われています。

最初は軽く曲がった程度ですので、自覚症状は特になく、よく見なければ気がつかないことも多いです。

しかし、謝った爪の切り方を続けていると次第に湾曲が強くなり、皮膚に爪が食い込んで歩くたびに激痛を伴うことがあります。

スポンサーリンク

ですから、治すためにも予防するためにも、正しい切り方をすることが大切なんです。

 

巻き爪は切り方次第で楽になる!

巻き爪の正しい切り方ってあるの?巻き爪の痛みを和らげる方法とは?

みなさんは、普段足の爪のどのように切っているでしょうか?

たいていの方は、白い爪の伸びてきたところに沿って、軽くカーブを描くように切っていると思います。

ところが、この切り方では誰でも巻き爪になってしまう可能性があるんです。

なぜなら、両端の皮膚の部分が見えてしまって深爪になり、歩いたときに皮膚が爪を圧迫してしまうからなんです。

実は、爪にはもともと丸くなって生える性質があります。

そのため、両端が皮膚に食い込んでしまったからといって、また両端を切ってしまうと、ますます爪は強く曲がってしまうのです。

もしかしたら、あなたの巻き爪がだんだんとひどくなっているのは、自分でそうさせているのかもしれません。

しかし、切り方次第で病院へ行かなくても改善しますので、ぜひ切り方をマスターしましょう。

 

正しい爪の切り方とは?

巻き爪の正しい切り方ってあるの?巻き爪の痛みを和らげる方法とは?

では、さっそく足の爪の正しい切り方をお教えしましょう。

スポンサーリンク

方法は、意外と簡単で誰にでもできます。

まず、用意するのは自宅にある普通の爪切りだけでけっこうです。

切り方の重要なポイントは、両端の爪を残して爪の中央をカットすることです。

カーブを描くようにするのではなく、両端を残して爪が水平になるように切ることで、爪が丸くなろうとする性質を抑えることができます。

こうすることで、巻き爪になっていた爪も、だんだんと平たくなっていきます。

普通の爪切りを使う場合、刃の部分が爪の形に合わせて少し弧を描いていると思います。

そのため、爪の中央から切ってしまうと必然的に両端が短くなってしまいます。

ですから、切るときには基本的に端から切っていくようにしましょう。

端から順番に少しずつずらしながら切っていくことで、水平に切ることができます。

ただ、少しずつ切っていくと、どうしても爪全体がガタガタした形になってしまうと思います。

その場合には、最後に爪切りについているやすりで全体の形を整えましょう。

 

巻き爪が治らなければ病院へいこう

巻き爪の正しい切り方ってあるの?巻き爪の痛みを和らげる方法とは?

いかがでしたか?

巻き爪は、切り方にさえ気をつければ誰でも自宅で治すことができます。

普通の爪切りでももちろんよいのですが、不器用な人には足の爪専用の、水平の刃になっている爪切りもありますので、それを購入するのもよいでしょう。

そのほうが簡単にしかも仕上がりもきれいに切ることができると思います。

ただし、自宅で治す方法は根気が要りますし、時間もかかります。

歩くたびに激痛が伴うような巻き爪の場合は、かなり進行していると言えますので、早めに病院へ行ったほうがよいですね。

形成外科では、簡単な手術で治す方法も選択できます。

自分に合った方法で治すことが一番だと思います。

引き続き、「爪の病気」をご紹介していきます↓



他にこんな記事も読まれています

-爪のトラブル

Copyright© 爪の病気はこんなにあった?爪の病気を改善する方法 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.