爪に黒い点ができた時の対処法!黒い点は怖い病気の可能性はあるの?

更新日:

爪に黒い点ができた時の対処法!黒い点は怖い病気の可能性はあるの?

女性にとって、爪はおしゃれを楽しむ部分でもあり、常にケアをしている方も多いと思います。

ところが、ある日ふと見たときに黒い点ができていたことはありませんか?

痛くもないしかゆみもないけれど、こすっても消えない謎の黒い点。

もしかして病気かもしれないなんて気になりますよね。

そこで今回は、爪に黒い点ができた時の対処法と病気の可能性についてご紹介していきます。

 

爪に出来る黒い点の正体は内出血?

爪に黒い点ができた時の対処法!黒い点は怖い病気の可能性はあるの?

爪に黒い点がいくつかできていた場合、それは内出血である可能性がまず考えられます。

普通、内出血というと皮膚にできる青あざなどを想像しますが、爪にも内出血は起こるんです。

爪の内側は柔らかい皮膚になっていて、例えばドアに指を挟んだりして爪に強い力が加わると、その下の皮膚が出血を起こすことがあります。

スポンサーリンク

その場合、全体的に赤黒く血が広がる場合もありますが、それほどの出血でない場合には、黒い点に見える程度の出血でおさまることもあるのです。

もし内出血だった場合には、爪の成長とともにだんだんと先の方へ場所が移動してきます。

また、伸びるうちに皮膚に吸収されて色も薄くなってくるでしょう。

このように、いつかは消えてしまうものなので特に治療を要するものではありません。

もしぶつけたりするなどの思い当たる節があるなら、こうした内出血の可能性が高いと言えます。

 

爪の黒い点はガンの可能性も?

爪に黒い点ができた時の対処法!黒い点は怖い病気の可能性はあるの?

内出血だったら特に治療は必要ないのですが、問題なのはガンであった場合です。

実は悪性黒色腫といって、通称メラノーマとも呼ばれる爪にできるガンがあるのです。

メラノーマの発生部位として一番多いのが足の裏ですが、足の爪にも同じくらい多い頻度でできると言われています。また、足だけでなく手にもできる可能性があります。

メラノーマの場合、最初はただの黒い点のように見えたものが、だんだんと広がってくるのが特徴です。

その広がり方もじわじわと縦の線のような形になってきて、それが太くなっていき、最終的には爪全体が真っ黒になってしまいます。

黒い点の濃さも最初は薄い場合もあるのですが、だんだんと濃くなってきたら要注意です。

スポンサーリンク

メラノーマは欧米人に多いとされてきましたが、近年は日本人の患者数も増えてきていると言われているので気をつけなければなりません。

 

爪にできるメラノーマの治療法は?

爪に黒い点ができた時の対処法!黒い点は怖い病気の可能性はあるの?

メラノーマは皮膚がんの一種ですので、治療法は一般的には切除が最もよく行われますが、切除してもその周囲に再発することが多いのがメラノーマの怖いところです。

そのため、化学療法や放射線治療なども取り入れながら、根気強く治療することが求められます。

小さいから大丈夫だと思っていると、思わぬところに転移したりと意外と厄介なガンなのです。

ですが、早期発見・早期治療を行えば、完治もありえます。

足の裏や足の爪は、普段あまりよく観察することはないかもしれませんが、入浴中や寝る前などに見る習慣をつけるとよいかもしれませんね。

 

爪に出来た黒い点はほとんどは心配ない?

爪に黒い点ができた時の対処法!黒い点は怖い病気の可能性はあるの?

いかがでしたか?

メラノーマという怖い病気についてもお話ししましたが、それはまれな話であって、ほとんどの場合黒い点は内出血か老化現象、あるいはメラニン色素の増殖です。

メラニン色素の増殖の場合も、メラノーマのように爪に黒い縦線ができることもありますが、その太さや濃さはあまり変化がないのが特徴です。

過度に心配はせず、もし気になるような変化が見られたときには、迷わず病院へ行くようにしましょう。

引き続き、「爪の病気」をご紹介していきます↓



他にこんな記事も読まれています

-爪のトラブル

Copyright© 爪の病気はこんなにあった?爪の病気を改善する方法 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.